銃の基本操作

討鬼伝2の銃の基本操作とアクションについてです。

銃の特徴

銃は離れた場所から敵の狙った部位を攻撃することができる武器。
装備している武器によって、使用できる弾種類が異なり、弾の種類に応じて攻撃範囲や威力などが変化する。
構え中に鬼の弱点が赤く光り(霊脈)、撃ちぬくことで威力がアップする。

銃の基本操作とアクション

コマンド 攻撃名 説明
構え 威力は高くないが攻撃の出が早く連続で繰り出すことができる攻撃
構え後□ 射撃 速攻撃は連続で5コンボまでつながる。また、続けることで延々とループできる。
□長押し 装填 踏み込みつつ広範囲の攻撃を行う。
構え後△ 弾種切り替え 連続で攻撃を当て続けることで「連舞状態」となり、攻撃が同時に複数の部位に当たるようになる。
構え後☓ 構え解除 構えを解除する
装填準備 各ボタンに対応した弾種を装填する。R1を押しながら装填することで残りの全弾を装填する。△を長押しまたは連打すると、装填速度が上がる。非装填中に△を長押しすると、全弾を排出する。
装填準備中に△/□/◯ 装填 各ボタンに対応した弾種を装填する。R1を押しながら装填することで残りの全弾を装填する。△を長押しまたは連打すると、装填速度が上がる。非装填中に△を長押しすると、全弾を排出する。
△長押し 弾排出 装填したすべての弾を排出する
◯で構え→◯で射撃 霊弾射撃(れいだんしゃげき) かがみこんで射撃姿勢を構える。構え中は気力を消費しながら力を溜め、溜め時間に応じて強力な弾を発射する。弾種類に応じて強化される効果は異なる。
□+☓長押し→離す 擲弾(てきだん) 霊力を込めた爆弾を投げつける。投げた爆弾を撃ちぬくと、弾種に応じた特殊な爆発を引き起こす。
△+◯→□/△/◯ 鬼千切(おにちぎり) 武器ゲージが溜まっている時に発動できる。目標めがけて、高火力の銃撃を行う。一撃で小型鬼を葬り、大型の鬼の部位を破壊する。

通常攻撃

□で構え後に□

□ボタンをはじめに押すと構えの姿勢に入り、構え後に□を押すことで通常射撃を行う。武器ごとに設定されている弾種が異なり、弾種に応じて攻撃範囲や威力などが変化する。銃を構えると「鬼」の弱点である「霊脈」が可視化され、「霊脈」を撃ちぬくことで威力が上昇する。

弾種 効果
狙撃弾 最も高速で飛距離が長い弾。霊脈ダメージは最も高い。
貫通弾 貫通し連続でヒットする弾。霊脈ダメージは中程度。
散弾 近接広範囲をカバーする弾。霊脈ダメージは高い。
爆発弾 複数部位にヒットする爆発を起こす弾。霊脈ダメージは低い。
吸引弾 着弾すると周囲の敵の移動を制限する空間が発生する特殊な弾。
時限弾 低速で進み、一定時間後に爆発する弾。霊脈へのダメージは高い。

擲弾(てきだん)

□+☓または、□+☓長押し後、放す。

霊力を込めた爆弾を投げつける。爆弾は一定時間後に爆発するが、爆発前に投げた爆弾を撃ちぬくことで、弾種に応じて特殊な爆発を起こす。

弾種 効果
狙撃弾 爆発が霊脈にヒットすると、その霊脈を弱体化させる。弱体化中の霊脈を撃ちぬくとさらに威力が上がる。
貫通弾 霊脈にのみ連続ヒットする爆発を起こす。爆発は複数部位にヒットする。
散弾 中心部に近いほど、威力が高くなる爆発を起こす。爆発は複数部位にヒットする。
爆発弾 攻撃属性相性を無視する爆発を起こす。爆発は複数部位にヒットする。
吸引弾 敵を押しのける斥力を持った空間を発生させる。
時限弾 爆発までの時間が短い時限弾に変化する。時限弾にぶつけると、強制的に爆発させる。

特殊技・霊弾射撃(れいだんしゃげき)

○で構え後○

気力を消費して、魂の力を込めた強力な弾を撃ちだす。弾種によって効果は異なる。

弾種 効果
狙撃弾 気力を消費して発射動作を素早く行い、威力の高い弾を連続して発射する。
貫通弾 溜めるほど、当たり判定が大きくなる弾を発射する。
散弾 溜めるほど、威力の上がる弾を発射する。
爆発弾 気力を消費して大爆発を起こす弾を発射する。爆発は複数部位にヒットする。
吸引弾 溜めるほど、拘束力が強くなる空間を発生させ、空間内にいる敵にダメージを与える。
時限弾 溜めるほど威力の高い爆発を起こす弾を発射する。

コメント



コメント

   
サイト内検索
 
鬼データ
素材データ
任務/依頼
ミタマデータ
武器データ
防具データ
操作指南
基本情報
鬼データ

topヘ戻る