鎖鎌の基本操作

討鬼伝2で、鎖鎌の基本操作とアクションについてです。

鎖鎌の特徴

鎖鎌は、鎌での近距離の斬撃攻撃と、分銅での中距離の打撃での連続攻撃を状況に応じて組み合わせることができる。
また、分銅を射出することで敵の狙った部位めがけてジャンプすることができ、空中で攻撃することも可能。
討鬼伝2では、◯ボタンの特殊技が前作の「瞬迅印」という技から、「鎌鼬(かまいたち)」という分銅を使って連続攻撃に変更となっている。

鎖鎌の基本操作とアクション

コマンド 攻撃名 説明
分銅攻撃 分銅を投げつけて中距離の鬼を攻撃する。
鎌攻撃 近距離を鎌を払って攻撃。
□□□□ 分銅攻撃・四連 4回連続で分銅攻撃をする。
△△△ 鎌攻撃・三連 3階連続で鎌攻撃をする
□+× 飛び退き打ち 分銅を叩きつけ、後方へ飛ぶ。間合いをとったり、攻撃を回避したりできる。
□長押し→放す 分銅射出 分銅を投げつけた敵に飛びかかり、間合いを一気に詰められる。飛びかかり中、鎌攻撃での追撃が可能。
分銅射出後、空中で△△△ 追撃・三連 空中で素早く鎌を斬りつけて攻撃する。
分銅射出後、空中でL↓+□ 瞬落 空中から分銅を叩きつけて攻撃する
○/空中で◯ 鎌鼬(かまいたち) 前方へ宙返りを行い、複数の部位へ攻撃しながら鎖鎌を振り回す。
△+○→□/△/○ 鬼千切(おにちぎり) 武器ゲージが溜まっているときに発動。勢いをつけ、鎌を投げ放つ。一撃で、小型鬼を葬り大型鬼の部位を破壊する。

コメント



コメント

   
サイト内検索
 
鬼データ
素材データ
任務/依頼
ミタマデータ
武器データ
防具データ
操作指南
基本情報
鬼データ

topヘ戻る