槍の基本操作

討鬼伝2の槍の基本操作とアクションについてです。

槍の特徴

槍は斬撃の突き攻撃と、柄での打撃攻撃の両方のタイプの攻撃を使うことができるので、鬼の部位の弱点によって攻撃を使い分けることで効果的にダメージを与えることができる。
鬼の突進を防ぎつつカウンターを決めることができる珍しいアクションを持っている。

槍の基本操作

コマンド 攻撃名 説明
突き攻撃 間合いを取って攻撃する
石突き打撃 柄で近くをなぎ払う
□□□ 突き攻撃・三連 三連続の突攻撃
△△△ 石突き打撃・三連 三連続の石突き攻撃
△長押し 振り回し打撃 柄の部分を振り回して攻撃する。打撃属性の攻撃。
振り回し打撃後に△ 追撃 力強く叩きつけて攻撃する
□長押し→溜め後□(連打で突き数増加) 烈塵突(れつじんとつ) 突攻撃は、力を溜めて威力をあげられる。溜め攻撃の後、さらに□を押すと強力な「烈塵突」につながる。さらに連打で突き数が増加する。
□+×→徐々に気力を消費 槍衾(やりぶすま) 槍を前方に構え、敵を待ち受ける。突進に対して有効で、突進を食い止めてカウンターの突き攻撃を加える。構え中は気力が減り続ける。□+☓を離すことで構えを解いて前方に突きを行う。
槍衾の突き後に左スティック←/↓/→ 翻身 攻撃しながら身を翻して隙を減らす
鷹襲突(ようしゅうとつ) 跳躍し、上空から敵を貫く。○長押しで力を溜められる。力を溜めるほど高く跳躍できる。溜め中や跳躍中は気力が減少する。
△+○→□/△/○ 鬼千切(おにちぎり) 武器ゲージが溜まっているときに発動。狙いをつけて槍を放つ。一撃で、小型鬼を葬り大型鬼の部位を破壊する。

コメント



コメント

   
サイト内検索
 
鬼データ
素材データ
任務/依頼
ミタマデータ
武器データ
防具データ
操作指南
基本情報
鬼データ

topヘ戻る