オンラインマルチプレイ

討鬼伝2のオンラインマルチプレイについてです。

討鬼伝2は前作と同様にオンラインでの他のプレイヤーとの協力プレイが可能。
本作はオープンワールドになっているため、オープンワールドの舞台で、他のプレイヤーと共同で集団任務を進めていくことができる。
討鬼伝2では異なる機種間でのクロスプレイが可能で、PS4/PS4/PSVitaの間でも共闘可能で、PS Vitaの場合はローカル通信(持ち寄っての協力プレイ)でも共闘可能。

マルチプレイの参加方法

オンラインでプレイするには、「跳界石」を調べて、メニューから「統合本部へ移動」を選択します。

メニューで「インターネットで遊ぶ」「ひとりで遊ぶ」をそれぞれ選択できます。

インターネットで遊ぶ

「インターネットで遊ぶ」では、他のプレイヤーとプレイできます。

本部を作る

自分がホストになってルームを作ることができます。
ルーム作成の際に、以下の項目を設定可能です。

項目 説明
本部名 ルームの名称。隙に変更可能
募集枠 自由に参加可能な枠。1〜3人から選択可能。
招待枠 ルームに入るのに合言葉が必要な枠。0〜3人から選択可能。設定した場合は合言葉を設定する。
合言葉 招待枠を設定した場合に設定する。デフォルトでは数字が入っているが、好きに設定可能。
進行度制限 プレイヤーの任務の進行度によって参加を制限できる。
受注対象 受注対象の任務や鬼を設定できる
フリーチャット フリーチャットがありかなしかを設定できる
方針1 どれでも/自由部屋/進行部屋/挑戦部屋/素材部屋/特殊部屋/から部屋のポリシーを設定可能
方針2 まったり/きびきび/にぎやか/だんまり/とことん/さくっと/だれでもから部屋のポリシーを設定可能
伝達事項 フリーテキストで設定可能

本部を探す

他のプレイヤーがホストなって作成したルームを検索できます。

項目 説明
本部名 フリーテキストで本部名を検索可能
入室枠 募集枠/選択枠から選択
進行度 任務の進行度で選択可能
受注対象 鬼名か任務名で検索可能
フリーチャット あり/なしで検索可能
方針1 どれでも/自由部屋/進行部屋/挑戦部屋/素材部屋/特殊部屋/から部屋のポリシーを設定可能
方針2 まったり/きびきび/にぎやか/だんまり/とことん/さくっと/だれでもから部屋のポリシーを設定可能

ひとりで遊ぶ

ひとりでオンラインモードを遊ぶこともできます。
ひとりといっても同行者も連れて行くことができるので、実際は4人までのパーティで攻略を進めていくことも出来ます。
集団任務は統合本部でないと受注できないので、集団任務をこなしたい場合でひとりでじっくりプレイしたい場合は

他プレイヤーとのコミュニケーション

他のプレイヤーとは様々な方法でコミュニケーションを取ることができます。

フリーチャット

タッチパッドを下から上へなぞるジェスチャーで入力枠が出現して、画面上のキーボードを選択してフリーエキストを入力できます。
また、外付けのキーボードでも入力することが可能です。

定型文

タッチパッドを右から左へなぞることで選択画面が出て入力できる。
あらかじめ準備された定型文を選択して入力できる。
定型文は自分で設定することはできないが、定型文の場所は□ボタンを押すことで入れ替えることができる。

しぐさ/絵文字

タッチパッドを左から右へなぞることで選択画面が出て入力できる。
あらかじめ準備されたしぐさを行うことができる他、R1/L1で絵文字画面に切り替えることで、感情を表すアイコンを表示させることができる。
また、しぐさにはそれに対応する感情のアイコンをセットにすることもできる。

その他のオンライン要素

討鬼伝2には、通常のオンラインマルチプレイ以外にも、インターネットを通じて他のプレイヤーと繋がる要素がいくつか追加されている。

つづら

フィールドにおいてある宝箱。
他のプレイヤーの世界とつながっていて、開けると他のプレイヤーが入れた武具を入手できる。
自分のいらない武具を入れることができ、入れた武具は他のプレイヤーが別世界で受け取る。
また、自分が武具を入れることで、その武具と同じランクの武具で別プレイヤーが入れた武具を入手できる。

共同作戦

共同作戦では、フィールドにいる他のモノノフが戦っている鬼との戦闘を共闘で倒すことで報酬の素材やハクなどを入手できる他、任務成功後に他のプレイヤーがしばらく行動を共にしてくれる。
フィールドでは、同じ世界にいる他のモノノフが戦っている場合と、他の世界のプレイヤーが戦っている場合もある。

コメント



コメント

   
サイト内検索
 
鬼データ
素材データ
任務/依頼
ミタマデータ
武器データ
防具データ
操作指南
基本情報
鬼データ

topヘ戻る